アナライズstoreblog

2018年09月24日ラウンド中『俺?どうした??』と思ったときにどうする?

YouTubeアナライズチャンネル

フットワークセミナーの1回めです。(続きは来週公開予定となります)

公開開始しております。


やりましたタイガー・ウッズが復活優勝!

感動で涙でました。

ということで今週も富士見高原に来ております。土曜は富士見高原ゴルフコースでラウンドだったのですが、金曜日に行ったよみうりゴルフ倶楽部で、ドライバーが圧倒的に不調。なんとか当たるんですが、ほんとにおかしい。

その時に出た言葉が

『あれどうした俺・・』

あんなに好調だったのに。ドライバーが悪いと、どんどん無理して、悪い流れになります。なんとか耐えていたのですが、無理しちゃうと他のクラブまでおかしくなります。

その流れで、土曜日の富士見高原ゴルフコースでも、パーが取れない・・・

ということで、次の日は薪割りして、クルマを洗車して

富士見高原ゴルフコースに隣接する練習場で練習。動画でチェックしながら練習して、不調の原因がわかりました。自宅でドリルだけではやはり限界があります。ボールを打たないとダメですね(反省)

じっくりと練習場で練習しました・・・

自分の向きとボール位置の確認。ボール位置。コレがわからなくなってしまうんです。特に苦手クラブ・・・

コースで、『あーでもない、こーでもない』と試行錯誤するよりも、練習場で動かしてみて、どういうミスがでるのか、探っていきます。するとミスをみて、どうしてそうなったかが見えてくるわけで・・・

特にドライバーが不調だと、自分の不調度合いが増して感じるものです、好調時のイメージがあるから、『あれ??今日は飛ばない』と思うわけです・・・

フェアウェイさえキープしていて、いつもよりも30%ぐらい飛ばなくてもなんとでもなるのに(かなりつらいですけど、致命的なスコアにならない)『あれどうした??』状態になってしまう。するとどんどん悪くなるんです。

マーク金井がよく『ピンチはチャンス、チャンスはピンチ』と言いますが、まさにコレでした!!

好調時のイメージが残るのが良くないんですね。特にコンペなどでは『あれどした俺?』感が強くなるので、負の連載する可能性が高くなります。

こうなったら、一度リセット再起動したほうがいいのです。それはやっぱり基本に帰ることかと思います。ボールと自分との距離、アライメント、そしてリズムの確認など、基本的なことに戻りたいのです。

結局・・上手く立つために練習場に行くんだなぁ・・ってことを思い出しました。練習場では、新しい課題を習得したいとか、ひらめきをなんとかしたいと思いますが、やっぱり、上手く立つことが大切なんだなと思ったわけです

でも皆さん、いやいや、練習場で修正とかじゃなくて、ラウンド中に、『あれ?どうした俺』を治したいと思うでしょ? これがですね、あーでもないこーでもないとやってしまうと、どんどん悪くなります。特にスイングのことを考え始めると危険です。どんどん混乱してしまいます。

コースでは・・・とにかく出来ることを確実にやる ことしか無いと思うんです。

練習場で、リセットする。はい自分の課題をなんとかしようとおもうでしょ?不調だったのは、アンダー星人のT島ですから、またアンダーが出てしまった。じゃあ回旋のタイミングを図るとか・・じゃなくて・・・

大切なのは、まずリセットです

そしてそして・・・多くの場合(T島もですが)危険なのは・・・

混乱したままで、次のラウンドがすぐだと、クラブを変えてなんとかしようとするのです

コレはダメです。失意のラウンドの後に、ゴルフショップなどにいくと、衝動買してしまいます。

さらに縺れてしまうのです

もし、いつもと違うクラブセッティングにしていたのなら

一番信頼感のあるクラブにしましょう・・

T島もこちらに戻します

この間、サブに回っていた、このユーティリティがエースの座を再び奪還

↑クリック

ほんといい感じです。ユーティリティって、狙った距離が打てて、必要以上に飛ばなくていいし、構えやすくて、打ちやすいものが最高。

アイアンと同じ とにかく・・・ぶっ飛びである必要なんか全く無い

再現性!これでしょう!!!

アイアンもウエッジもそうじゃない? ぶっ飛びであるよりも、同じ距離をしっかりと再現できること、これが求められること

ということは当然アイアン、ウエッジもミスに対する寛容性が合ったほうが良いです。寛容性とやさしさを追求したmmウエッジ

mmウエッジよろしくおねがいします↑クリック

飛ばなくていいから、きっちり打てるもの・・まあアイアンはともかく、ウエッジはそもそもそういうものでしょう。

でも結局、スコアを考えるならドライバーもそうだよね〜

ということでクラブも冷静にリセットすることをオススメします

ではまた水曜日に


ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック

 


2018年09月22日タイトリストTS3ドライバーを丸裸にしてみた(結構遅めのインプレッション)

10月のアナライズセミナー

10月21日のフレループセミナーとシャフトセミナーにはまだ空きがあります↓

詳細はこちらから↓クリック


昨日は、ようみうりゴルフ倶楽部にお邪魔しました。

T島の友人のお父様が、エージシュートを300回!も達成されたということで、コンペが開催されてその記念コンペでした・・・

T島ですが最近絶好調だったドライバーがまさかの不調で・・・

こちらの動画を観ていろいろやりすぎたのかなぁ〜

YouTubeアナライズチャンネル

フットワークセミナーの1回めです。(続きは来週公開予定となります)

うーんじっくり取り組みたいと思います(泣)

さて昨日お送りしました。タイトリストの新しい話題のドライバーTS2に続いて、今日はTS3ドライバーです。皆さんも

『どっちを買おうかな』

なんて思っている人も多いと思います。

その前にこちらを試打しました・・・

スリリングのKAZETOMOというシャフトです

硬さによって重さが違うですね

硬くなるごとに重さも増えるという。スリリングさんのシャフトの中では一番ハードヒッター向けという印象。このシャフトですが、手元と先端がしっかり目という噂だったのですが、メッチャ素直で打ちやすいく。おもわず

イイねぇ〜

と叫んでしまいました。是非試していただきたいと思います

はいおまたせしました

タイトリストTS3ドライバーを丸裸にしてみましょう

こちらには917Dシリーズで採用したSURE FIT®CGを搭載。 重心位置を調整できるシステムを搭載しております!!!! T島特にこだわりはありませんが・・なんとなく可変システムはカッコいいです。メーカーさんがちゃんと違う重さを用意してくれているのが嬉しいです

そしてこんな顔

コレはTS2に比べるとタイトリスト顔ですね。コレマジカッコいいです。とてもT島好み。この顔の違いで選ぶ人も多いかもしれなと思います。あんまり買う気がなかったタイトリストのTSシリーズですが、ちとTS3が欲しくなってしまいました。やばいやばい・・

そして長さですが・・ヒールエンド方で計測すると・・・

45インチを少し切るぐらい。でもほぼ45インチという感じです。コレはシャフトの違いです。このTS3ドライバーの試打クラブには、60g台の純正シャフトが装着されているので、長さが短くなっているというわけです。ちなみに60度法で計測すると45.25インチになります

ということでクラブ総重量も・・・

310.1グラムと、アスリートモデルらしい仕上がりとなっています

バランスは、D2

はい・・・T島的には、バランスは異常値でなければぜんぜんこだわらないというスタンスです

そして、硬さを表す数値、振動数計で振動数を測ってみると・・・

249cpm、純正シャフトのSでは、まあ標準的。アスリートモデルですからコレぐらいは欲しいでしょう。

シャフトの中間部の硬さを計測する、センターフレックス計

4.06

純正シャフトとしてはややしっかり目です。打ってみると非常に癖がないシャフトで、タイミングも取りやすい素直で良いシャフトかと思いました

そしてフェース角

-1.75度と、左に行くミスが嫌な人にとって、とっても構えやすい。何度もしつこくいいますけど。

スライサーの方にはオススメしません

確かに、重心深度が深く。ミスヒットにすごく強くなっていますけど。スライサーの方はインパクト時にフェースをスクエアに戻せず、ひらいて当たることでスライスしてしまうので、フェースが開きやすいTS2、TS3は結構厳しい。

表示ロフト9.5度のヘッドですが・・・

リアルロフト角も9.5度。試打してみてわかるのですが、リアルロフト角の割には、ボールが上がりやすいです。

重心角は・・・

この写真は、上手く取れていません。実際ちゃんと測ると22度ぐらいで、TS2よりも少なくなっています。

以前のタイトリストはD2、D3で D2がオートマチック、D3がヘッドが小ぶりで操作性重視という性格付けをしていいたのですが

TS2がD2、TS3がD3っぽいとT島は感じました。

T島的にはTS3のがタイトリストっぽくて好きだなぁ〜

どちらも良く出来たドライバーですが、タイトリストのアスリートモデルがどんどんと、打ちやすくなってきて、VG3化しているような気がします。(これがまたVG3が良く出来てるし)

あの・・何度も言うけどTS2ならスライサーでも大丈夫かな?と思う人が多いと思いますが、捕まりの良いドライバーをオススメします

とは言えTSシリーズすごく良いです。

ではまた月曜日に


2018年09月21日タイトリストTS2ドライバーを丸裸にしてみた(結構遅めのインプレッション)

本日は雨予報ですが、T島はゴルフに行っております。あ〜やだよ〜 お断りできないコンペなので渋々ですが、賞品をゲットすべく頑張ります。

えっと昨日こちらのセミナーの動画をアップしました

YouTubeアナライズチャンネル

フットワークセミナーの1回めです。(続きは来週公開予定となります)

えーっとこのセミナーですが、重要な部分は今からなわけですけど、かなり効きます。T島ですね、スコアはまだまだですが、スイング軌道はかなり変わりました。大蔵ゴルフスタジオのトラックマン4で測ったところ・・・

スイング軌道がかなり変わりましたよ!!!

今までこんな感じ

  • クラブパスが4.0度インサイドアウトだったのが→0.4度インサイドアウト
  • アタックアングルも4.9度アッパーなのに→1.9度のアッパーに

超インサイドアッパーから、なんとなくオンプレーンに・・・

この軌道ってやつは、どう頑張っても全然変わらなかったのです。自分で死ぬほど、カットの振ってるつもりでもあまりに変わらなくてねぇ 実際やってみたらわかると思うんですが・・・・

フレループを使うようになって、クラブパスが−3.0度インサイドアウトぐらいまでになるようになったのですが、フットワークセミナーで聞いたことを試してみたら、一気にオンプレーンに近づいてきました、皆さん是非観てね。(えっと、この数値ですが『飛ばしてやろう!!と思った瞬間に昔の数値に戻ります(泣)』

そしてフレループ持ってない人は買ったほうがいいよ

この有名プロゴルファーなんか、振りまくってます

あなたも振りまくって下さい。

さて・・・

T島も遂に、タイトリストTS2,TS3ドライバーを試打する機会に恵まれました。タイトリストさんに認められた業界の方々が、試打ラウンド的なものに、誘われてステマっぽくSNSに『いいですよ』って記事を見る度に、T島はつくづく『ご縁のないブランドだなぁ』なんてちとブルーになっておりました。

まあ機会に恵まれたというよりは、記事のために試打クラブを手配したわけで、水前寺清子的に言えば『幸せは歩いて来ない、だから歩いていくんだね』的なことでございます。

ではまずはタイトリストTS2ドライバーから行ってみましょう

今回丸裸にするのはTS2の10.5度です

非常にシンプルなデザインです。構えた感じ、投影面積も大きく安心感があります。

タイトリストさんの素晴らしいのは、スリーブは910シリーズから互換性があり、シャフトが使い回せることです。できればヤマハさんのようにヘッドだけ売ってくれれば、世界中のタイトリスターが喜ぶことでしょう。

試打してみると・・・

オオオっ

ってぐらい打ちやすいです。VG3?と思うくらいミスに寛容です。ボール初速の速さも印象的。しかし捕まりがいいヘッドというわけではなく。インパクトでフェースが開く、いわゆるスライサーと言われる人にはあまりオススメしません。T島のような左のミスが嫌って人にはイイと思います。

シャフトは50g台の純正シャフト、フジクラ519エボリューションという。オリジナルシャフトです。素直な感じの手元しっかり目で、センターが柔らかく、先はスピーダーっぽく動くシャフトで、シャフトで捕まえようという感じ

では丸裸にしてみましょう

302.6グラム。軽いですね!シャフト重量は50g台ですから、コレぐらいでも全くおかしくはないのですが、タイトリストお前もか!と思わせるフレンドリーさです

T島的には、あんまり気にならないバランス値ですがD2ぐらいっす。このへんが少しアスリートモデル的な味付けを感じます。

長さですが・・・

ヒールエンド法で45.25弱ぐらいですね。タイトリストさんは、60度計測法(一般的に日本のメーカーはヒールエンド法、アメリカは60度法が多いです)ですからカタログ値は45.5インチとなっております。

シャフトの硬さを示す数値の一つであります振動数

242cpmと、純正シャフトのSとしては普通・・・っていうかアスリートモデルの純正シャフトのSとしては、柔らかめで・・・ぜ○しおかよ と思うぐらいです。

センターフレックスも

一般的なモデルとしては普通、アスリートモデルとしては柔らかいですね。真ん中がしなってタイミングが取りやすい、ザ純正シャフトという感じの味付けです!

そしてフェース角

計測してみると、やっぱアスリーモデルだなぁと思わせる1.5度オープンです。フッカーには絶対的な安心感がございます。

リアルロフト角

10.25度です。表示ロフトとリアルロフト角の差がほぼ同じです。

重心角

26度と、結構大きいですね。重心深度の深さが伺えます。

そしてヘッド重量です

192.3グラム、写真でわかるようにスリーブ無しの重量です。スリーブが約7グラムとすると192.3+7ですから200グラム弱ということになります。アスリートモデルとしては標準というか・・・少し軽めというか、重すぎないヘッド重量で嬉しい感じです

この50グラムの純正シャフトを装着すると、幅広く打てるアスリートモデルという印象となります。リアルロフト角は少なめですが、重心深度が深くボールが上がりやすい特性なので、ちゃんと上がってくれます。

しかしヘッド重量は、一般モデルに比べると重めだし、フェース角はオープンだし、アスリートモデルの特性は十分残っています。

ゴルファーは総じて高年齢化していますんで、その流れにアスリートモデルの雄であるタイトリストも引っ張られているという印象はどうしても感じてしまいますが、それはシャフトの選び方でなんとでもなります。

カッコいい!アスリートモデルであることは間違いないでしょう。

ってことで、明日はTS3ドライバーを丸裸にしてみましょう

ではまた明日


アプローチが上達するこちら↓限定数入荷!お急ぎ下さい

セットもあります↓

pr00014
¥32,400(税込)

2018年09月19日ゴルフ場!自分にとって、どれぐらいの距離が楽しめるか計算してみた

猛暑が永遠に続いたらどうしよう・・・と思ったT島ですが、すっかり秋の気配ですね。なんとなく、センチメンタルになっているT島ですが・・・ビッグニュースが飛び込んできました

すごく楽しみですわぁ PGAツアー見たかったのよねぇ〜どれ位お客さんが入るのだろうとか・・いろいろと楽しみです。タイガー・ウッズは、至近距離から観たことあるんですけどね。以前イベントで成田ゴルフ倶楽部に来て、ハーフラウンドしたんですよ。

練習場で、スティンガーとか打ってくれました。しかし実現したらホントにタイガー・ウッズが来てくれるんでしょうかね?? 松山英樹もですケド・・・・いやー凄いなぁ

そして、アナライズ的ビッグニュースですが・・・

この人気プロ・・・ず〜っと使ってくれているらしい・・・

はい!!! 凄いですね(撮影マーク金井)

フレループ、ツアープロに大人気でございます。なかなか覚えることが出来ない、腕の動きを覚えることが出来ます。

この左手の動きが非常に大切らしい↓

左手のこの動きとても大切なんですが、動画を見ていただいたらわかるように、なかなか複雑な動きです。プロは例外なく出来ています。しかしとても大切な動きなので、ツアープロも繰り返し練習しているんですよね。

ということで我々も練習しませんか?フレループで!!!↓

T島、こんなブログを書きました

レディースティの距離が長すぎる問題・・・を以前から勝間和代さんが書いていたんですけど・・先日一緒にラウンドしたことをきっかけにまとめてみました。

マーク金井も、マーク金井の有料メルマガで上達するための2つの要素を先日書いていました。

その2つとは

自分にとってのPARを設定すること

そして

適正なティでラウンドすること

だそうです!!!

自分なりのパーについてはこちら

↓こちら参照

自分のパーを見つけるとゴルフは楽しいかも

これは、ほんとにほんとに、ボギーをパー、ダブルボギーをパーだと思い。それに見合った戦略でコースマネジメントすることが大切。ほんとこれやってみて下さい。マーク金井の昨日のブログに書いてあったように、貧乏父さんは、自分の家を立てたいだけなのに、エンパイヤステートビルを立てようとするんです。

ゴルフで言うと、ボギーペースでラウンドできないのに、パープレイでラウンドしようとする。脳内ツアープロ的な戦略を立てしまうのですよ。それ無理ですよね〜 できたらカッコいいけど、18ホールで一回ぐらいじゃないっすか?

ボギーペースをしっかりとやりきることが大切

んで、適正なティでラウンドすること・・・・

レディースティって長すぎなのは、大蔵ゴルフスタジオのブログを読んでいただいたらわかると思いますが、じゃあ男性にとってどれぐらいのティが適切なんでしょう?? T島あまりラウンドする機会が無い人とラウンドする時に決まって聞かれることがあります。

それは・・・

『バックティにしますか?』

です・・・

T島は間髪入れずに

『レギュラーティでイイです』

と言います。いやいやT島、普通のおじさんですから、レギュラーティでいいっすよ。ドライバーの平均飛距離なんか、ガーミンアプローチCT10で計測すると、216ヤードですから!!!!(最近少し伸びました)

もちろん240ヤード近く飛ぶことも、最低36ヤードってこともありました(泣)しかし平均するとこういう数字(はい、クラブトラッキングセンサーをつけると現実を突きつけられます)になるようです(泣)クラブトラッキングセンサーをつけてから、林とか池とか、OBはまだ打ってません。しかし平均するとこんなもんですわ

ドライバーが216ヤードしか飛ばないってことは、どう頑張っても4Wは200ヤード飛びません(平均飛距離は176ヤードでした(泣))まあそんな番手振り回して、176ヤード飛んだとしても、グリーンに乗る確率なんて超低いわけで

バックティなんかあり得ません。まあ寄せワン拾っていって84とかは出せますけどね

えーっとT島以前、書きましたこの本

では、適正なティの目安として、ドライバー+7番アイアンという距離を提案しています。

しかし皆さん、自分の距離を過大評価しています

ドライバー240ヤード、7番アイアン150ヤード

240ヤード+150ヤード=390ヤード

パー3の適正距離も7番アイアンとすると 150ヤード

パー5の適正距離、ドライバー、7番、7番アイアンとすると540ヤード(ちょっと長いっすかね)

18ホールでは6660ヤードということになります。まあバックティぐらいかな

T島みたいに平均飛距離がわかってしまうと

  • ドライバー216ヤード
  • 7番アイアン135ヤード

なわけで

  • PAR3 135ヤード×4
  • PAR4 351ヤード×10
  • PAR5 486ヤード×4

合計は5994ヤード

レギュラーティティでもまだ長い感じ・・・でもこれぐらいがT島的に一番いい感じかもしれません。

これが正しいとか、このティでやるべきとか言う気は一切ありません。バックティでもチャンピオンティでもゴルフ場の許可を得て、2時間ぐらいでプレーできれば問題ありませんが、自分にとって、これぐらいが気持ちいいティの距離を皆さんも一度計算してみて欲しいなぁって ことで

ではまた金曜日に


ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↑クリック


2018年09月17日ラフ、バンカーが苦手という方はもしかしたら・・・

はい!今日は敬老の日で祭日ですが・・・・

本日21時から生配信やります!

えーっと、マーク金井さん昨日が誕生日で、ついに60歳になってしまいました。マーク金井、気が早いのか?55歳を過ぎた当たりから四捨五入して

『俺もう60やで!』

と事ある事に言ってました。なのでT島やカッキーなど親しい人は、『やっと60になったのか』と思っていることでしょう。60のオジイさんがこんな飛ぶんや〜って感じ!!

ということで、今日の生配信は、マーク金井還暦スペシャルということで・・・皆様からのプレゼントをお待ちしております(ウソ)

ぜひぜひ聞いて下さい。コメントを書き込んでみたいという方は、ぜひYouTubeのアナライズチャンネルにチャンネル登録をお願いします

チャンネル登録?どうやってするんだよ!!!!という方は↓

まずはこちらの動画で学習していただければと思います

三枝こころちゃんが、詳しく教えてくれます

残念ながらチャンネル登録は決して簡単ではないのですが、新しい動画がアップされる度に、お知らせが来ますし、生配信の時に、コメントできるのでマーク金井に直接質問することが出来ます。

すいません ぜひぜひ アナライズちゃんねる チャンネル登録をお願いします

えーっと、週末は山に来ることが多いT島です。昨日は、ほぼホームコースとなっております富士見高原ゴルフコースでプレー

土曜日に、フットワークセミナーを撮影して、そのままクルマで富士見高原まで移動して、練習場で試したらメッチャいい感じだったのですが・・・

コースで出来ません(泣)

正確に言うと、フットワークはかなり改善されたのですが・・・・それだけじゃすまんのです・・

富士見高原ゴルフコースは、標高1100メートルの涼しいところにありますので、フェアウェイは洋芝です。ラフも洋芝・・・八ヶ岳の麓にありますから、コース全体が八ヶ岳があるほうが高く、傾斜しておりますので、ティショットを上手く打たないと、傾斜に乗って、フェアウェイを転がりラフに入ってしまいます。

これは軽井沢72とかもそうだったのですが、ラフに入ってすぐのところが洋芝で一番ラフが深く、それより外すとあまりラフが深くなくて野芝だから打ちやすいという(泣)

ドライバーは好調なので、落ちどころはフェアウェイなのですが、イメージしたとこよりも傾斜がきつかったり、傾斜の低いところに打ってしまうと、フェアウェイとラフの境目、つまり一番深いラフに入ってしまいます。

深いラフ、バンカー上手く打てない時は、左腕の回旋が不十分な可能性が・・・

T島ですが、フットワークを意識すると、腕の回旋を忘れてしまうという・・・

腕の回旋を忘れてしまうと・・・めっさラフに弱くて、ラフから飛ばなくて涙が出ちゃうということがわからず

何でだろう????

はっ・・・と気がついたのは、すでに後半でしたのよ(泣)フットワークセミナーでならったようにやると、スイング軌道は変わるので、球筋も変わるのですが、それで安心していると、左腕の回旋が不十分となってしまっていた

こういうときに限って、キャディバッグには

フレループが入っていない

持っていない方是非・・・ラフトバンカーが苦手と言う人は、フレループを使うと劇的に上手くなる可能性があります!!

もちろん左腕の回旋を覚えるには、フレループが最適ですが、ゴルフの竪琴も有効です

ゴルフの竪琴をつかって、こんなドリルをやってみて下さい

ツアープロも使っているゴルフの竪琴

はい。↓左腕の回旋についていろいろドリルがあります

フットワークセミナーの模様は週末ぐらいにはYouTubeチャンネルに1本アップできると思います(頑張ります)

最近懸案であったドライバー問題 終焉にむかっております

ドライバーはなんだかんだでこの2つが甲乙つけがたく

  • マグレガーターニークラシックM85ドライバー+フジクラ スピーダー569エボリューション4(SR)
  • YONEX E-ZONE GTドライバー+YONEX レキシズカイザライト 3X

どちらも低スピンで曲がり幅も少なく、T島的には飛んでます。

んで マグレガーのヘッドが重いのでなんとかしたいについては、先日ブログに書きましたよね

このドライバー、ヘッドが重いなぁと思ったら・・・

ということでシャフトスタビライザーを入れてみることに・・・

しかしT島・・・クラブトラッキングセンサーをテストしていますので、グリップエンドがこんな感じになると困るんですわ

クラブトラッキングセンサーが装着できません。ということで、予めシャフトスタビライザーを装着してからグリップを入れることにしました

シャフトスタビライザーをあらかじめシャフトに装着しておいて、その上からグリップをいれると、クラブトラッキングセンサーも入れることが出来ます

ただパター用シャフトスタビライザーは穴が浅いので↓

ちょっと難しいですね・・・(センサーが奥まで入らない)

シャフトスタビライザーってグリップエンドに穴が空くんですがそれが嫌っていう方はこういう手もありませんでぜひぜひお試し下さい

シャフトスタビライザー

analyze_ss_top (3)

ではまた水曜日に


 


1 2 3 4 5 6 312