アナライズstoreblog

2017年06月28日誰がために作られたゴルフクラブ、ゴルフボールか?って大切。

アナライズもブログと言う文字のコンテンツだけでなく

動画配信にも力を入れるべく↑YOUTUBEを使った生放送や、いろいろな番組をつくっていきます。とりあえず6月はマーク金井”ここだけの話”という生配信のみで、録画を残さない番組を2回配信しました

T島はというと・・もちろん登場せずディレクションをしております

この放送ですね。通信スピードやらPCの処理能力やらありまして、20秒ぐらい遅延するんですね。リアルでやり取りを聞きながら配信内容もチェックしているので、このタイムラグになかなか慣れません。お題になりそうなことを聞いてスライドや動画を仕込んでおります。徐々にグレードアップして行きますので暖かく見守って下さい

とりあえず時間は月曜日21時と決まりました。月に何回やるか?!も決まっていませんが、とりあえず来週7月3日の放送はありません。

とりあえずガンガンいろいろな番組をアップしていきますので

マーク金井のアナライズチャンネルをチャンネル登録←お願いします(クリック)

新しい試みと言えばこのボール

おおボルビック?と思った?

こちらムジークさんから発売されたゴルフボール”コルテオライト39”です。このボール、39gと軽いのです。「えっだったらルール違反?!」と思う方がいるかもしれません。ルールでは球の重量は 1.620 オンス(45.93 グラム)以下でなければならないと規付しています。

つまり45.93gより軽いボール(コルテオ39)はルール違反ではありません・・

ルールは45.93gよりも重いボールを規制しています。

じゃあ飛ばないの??

そう思いますよね?!しかしゴルフボールというのは厳しいR&Aのテストをクリアしたものだけ公認球とされているんです。ムジークさんのWEBサイトには

39gだから飛ばせるゴルファーが存在する。

ゴルフボールのルールテストでは120m/h(53.64m/sec)のスイングスピード
にて測定をしています。その中で255f/s(77.2m/sec)以下の初速スピードで
なければならないと規定されています。

軽いボールは重たいボールより飛ばない。これはヘッドスピードの早いゴルファーの為の理屈なのです。

CORTEO LITE 39はヘッドスピード37m/sec以下のゴルファーが確実に飛距離アップ出来るゴルフボールです。

また、軽いことにより、アプローチやパッティング時に必要以上のエネルギーが不要。
スコアメイクが向上します。(ムジークゴルフWEBサイトより転載)

と書いてあります。なるほどねぇ T島も先日実物を見せていただいた時、その話を伺いました。社長の吉本さんが

「みんなさぁ、ルールがあったら規制がかかっている方ばっかり行くんだよね。ルールを破れば飛ぶ。それはそうかもしれないけど、たとえばルールの中身がわかれば、ヘッドスピードが早くない人、飛ばないからゴルフがつまんないって人が、飛ぶようになって楽しくなるこんなボールができちゃうわけ」

なんて言ってました。

5W1Hの

Who?

をハッキリさせると、こんな面白いボールができちゃうわけです。T島思わず「ヘッドスピード40m/s〜43m/sのボールの最適重量は??コルテオ42とか?作ってるんでしょ?」と聞いたら・・吉本社長 フフフと笑ってました

誰に対しても素晴らしいクラブやボールって無いですよね。

大手メーカーのゴルフボールに

全ヘッドスピード対応!

とか書いてあるとホントかよ?!って思います

マーク金井の設計するクラブは誰に対して?!というWho?が明確なのが特徴かとT島は思っています

特にこのクラブ マジックマリガンUT35ですが

アプローチに悩んでる方に

使って欲しい

←クリック

そしてこちら

リンクス EKB58

こちらバンカーに悩んでいる人にオススメ、バンカーしか使えません!!T島はざんねながらバンカーが得意なので使ったこと無いですが、このクラブのテレビショッピングをみると、メッチャ出ますねぇ

みなさんもゴルフクラブやボールをチェックする時は

誰に対して作られているクラブなのか?ボールなのか??ハッキリしている。こちらのが安心ですよね。全てのゴルファーに素晴らしいクラブやボールはありませんから

そんな感じで、ゴルフクラブ、ボールをみると面白いかも

ではまた明日


ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↓クリック


2017年06月27日インパクトの真実 その8

今日は火曜日ですから

マーク金井の有料メルマガの名作のアーカイブをお送りしてます

この有料メルマガから、いろいろな本や、今回はずっと連載していた内容をまとめたこちら。「一生役立つゴルフ超思考法」発売されました

↓クリック(こちらからお求めできます)

51o3u9gfp1l-_sx350_bo1204203200_

この有料メルマガ←クリックからいろんな電子書籍↑や、書籍が生まれましたが・・そんな有料メルマガの魅力をお伝えするために、毎週火曜は、有料メルマガの過去の人気連載を掲載しております。

その中から

新自転車に乗れるスイングをお送りします

をお送りします

このメルマガはまぐまぐで配信しています有料メルマガ 「マーク金井の書かずにいらない」2015年12月15日に配信されたものです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インパクトの真実
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
超高速カメラでわかった。今までのインパクトの常識のウソを、マーク金井が
徹底解明します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アナライズのセミナーでも、一番人気なのがシャフトセミナー、そして2番目がインパクト解析セミナーです。実はこのセミナーが僕は、メルマガやブログで、僕の日頃言ってることを、共感してくれているゴルファーを、救えるのではないとと思っています。
今年の始め、僕のブログで『ことしからフィッティングではなく、セッティングを重視して行きたい』と書いたのを覚えてくれている人いるでしょうか?!弾道計測器を使って、様々なところでクラブフィッティングされるようになりました。僕はその現状をとても危惧しています。何故かというと、弾道計測器を使い、数値が明らかになると、その数値を補正するクラブを選ぼうとするからです。
例えば、打ち出し角が高いから、ロフト角を減らしましょう。ヘッドスピードが40m/sなのに、8.5度のクラブをフィッターが選んでしまうことは、珍しくありません。自分のインパクトの軌道と、フェースのどこに当たっているのかを知ることが大切で、その結果の弾道なのですから、単純に選ぶことは出来ないと僕は思っています。
インパクトで、ロフトを減らして打っているのか?!

インパクトで、ロフトを増やして打っているのか?!

ドライバーでロブショットを打つようにフェースを開いて打っている人は、ヘッドスピードが遅くても、フェースを開くことでロフトが増えて、ヘッドスピードにかかわらず高い打ち出し角となります。こういうゴルファーには打ち出し角が高いから、ロフトを減らそう!としても、逆効果になってしまいます。


ヘッドスピードが速くないのに、ボールが上がりする人は、フェース角がクローズなヘッドを使いましょう。スライサーでボールが上がりすぎる。つまりインパクトで、フェースが開くのです。特に重心距離が長いと、スイング中にフェースが開こう開こうとする動きが更に強くなり、高いスライスボールとなり飛距離が出ません。


インパクトで、フェースが開かないようにグリップする
インパクトで、フェースが開かないような軌道でスイングする

もしくは

フェース角がクローズなドライバーを使う。コレが即効性がある対処法です。
逆にチーピンを打っている人。チーピンでボールが高いと言う人はいないと思います。それはインパクトの瞬間フェースが閉じているから、チーピンがでるので、ハイチーピンにはなりにくいのです。この場合ロフトを増やすよりも効果的なのは、インパクトでフェースがクローズに当たらないようにスイングするか
フェース角がオープンなドライバーを使うこと

毎回インパクトを高速カメラでチェックする必要はありません。一度自分のインパクトを掴んでおくこと、そして自分のクラブのリアルロフトとフェース角を掴んでおくと、その後高速カメラがなくても、修正ができます。そのレベルに達して、初めて弾道計測機能があるドライバー、カチャカチャ付きのドライバーが活かせるのです

 
毎月、インパクト解析セミナーを開催しますので、是非ご参加いただきたいと思います。そして自分のクラブのフェース角、リアルロフト角を知ることも大切です。アナライズの計測を是非ご利用いただきたいと思います

ではまた明日


マジックマリガンUT35再入荷しました

アプローチがとってもやさしくなる


2017年06月26日ウエッジだって重心深度が大切かと思う!

アナライズからのお知らせ

マーク金井”ここだけの話” 大人の紙芝居みたいな放送です(意味は観たらわかります)

本日21時から配信します

ライブ配信のみで録画はありません 是非生で御覧ください

はい。また月曜日がやってきました!!こちらまたまた放送しますので、また見てくださいね。前回は1100人近くの方が観ていただいたようですが。今回は何人になるのか?!楽しみです

さて、新製品が出尽くしたなぁ と思ったらこの秋の新製品情報が・・・

はい 今年はタイトリストのアイアンのモデルチェンジイヤーです。タイトリストのアイアンですが一番人気は

AP2でしょう

718AP2アイアン、718AP3アイアンの写真が・・・うーんとAP2は712、714を足して2で割った感じ?!かなぁ ぶっちゃけ、写真を見る限り、あまり変化を感じないですよね。そしてAP3ですが、何やらヘッドが大きいし ソール幅も広いです。AP1的なアイアンなんでしょうかねぇ???

楽しみですね

さてこちら!

ゴルフクラシック8月号は、毎年恒例のドライバー重心ハンドブックがついています。ほんと毎年ありがとうございますと感謝したくなるぐらい細かくデータを取ってくれています。

T島ですがドライバーのヘッドのデータを分析するのが好きです。

こだわっているのは

  • ヘッド重量
  • 重心距離
  • 重心深度
  • 重心高2(フェース高さ−重心高)
  • 重心角

あと表示ロフトとリアルロフトの差と、フェース角も大切です(これは個体差があるので傾向として知っておくと良いでしょう)

このデータというのはカタログに書いていないので、ゴルフクラシックさんの特集がとても助かるわけです。数年前は、重心深度が注目されていました。浅重心で飛ばすというキャッチコピーのドライバーが少なくありませんでした

しかし最近はその傾向も一段落しています。

重心深度が浅くなると、低スピンボールが打ちやすい、コントロール性が良くなるというメリットがありますが、ボールの捕まりが悪くなるとか、寛容性が低くなるというデメリットもあります。

これはドライバーだけではなく、アイアンも同じです。

 

重心深度が浅いアイアンの場合、ヘッドが返りづらいだけでなく、ミスヒットした時にヘッドが当たり負けしやすいので、シャンクが出やすくなったり、ヘッドが当たり負けしてしっかり芯を捉えないと距離が安定しません。

重心深度が浅くなると、重心角が小さくなります。重心深度を正確測るのは難しいですが、重心角を把握するのは意外と簡単ですよ

こんな感じでテーブルや手のひらの上に乗せれば何となく可視化できますよね

といっても、その差を分かりやすくするために、重心深度が浅めのアイアンと重心深度が深くなる中空アイアンを比較してみると‥‥

img20051124_2

ハーフキャビティは重心角は9度ぐらい

img20051124_1

中空アイアンの方は12度。

たった3度と思うかもしれませんが3割アップですから全然違います。

マッスルバックやハーフキャビティアイアンが、難しいのは重心が浅く、なおかつ重心アングルが10度前後と小さめ。加えて、重心距離が短い。結果、ヘッドの操作性が良いのでドロー、フェード(フック、スライス)を打ち分けやすいですが、反面、スイングが不安定だと、その不安定さにクラブが反応してしまい(フェースがあらぬ方向で球を捕らえ)、シャンクや引っかけが出やすくなります。

これって、ウエッジでも同じです!!

ヘッドが大きく、深いキャビティのウエッジ(またの名をアナライズmmウエッジ)と言う

ミスヒットに強く!

シャンクしにくい!

ってことになりますよね?!

ウエッジと言ってもアプローチだけでなく、フルショットに近いショットをするものですから、できればミスショットしにくい、寛容性があったほうが良いと思うんですよ。だって100y以内でも距離がバラつくとスコアに直結しますよね

あっ・・手前のバンカー

なんてことに・・・・そんなミスもmmウエッジなら減るかも

だからウエッジも深いキャビティをオススメします

ってことで

あっ今晩21時にお待ちしてます

では


 

ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↓クリック


2017年06月25日オンプレーンドリルのようにドライバーを振りたい!

はい!こちらマーク金井”ここだけの話” ご好評いただいたようです。大人の紙芝居みたいな放送です(意味は観たらわかります)

明日6月26日21時から配信します

ライブ配信のみで録画はありません

ぜひご覧ください。

今日は日曜ですがマーク金井ブログはおやすみです。かわりにこちらを読んで下さい

昨日T島は久々のゴルフに行きました。

この日このパターシャフトを投入。懐かしい初代ホワイトホット2ボールブレードに、Matrixのパター用シャフトPZ125を入れてみました

朝から入りました。連続バーディ!素晴らしいと思って、またまたバーディチャンス!そして、4パットでガックリ・・良いのか悪いのか??なんて思いました。

ボールの転がりがとっても良くっていい感じです。4パットはまあご愛嬌ですがなかなかいい感じでした。打感もとっても良いですよ

最近オンプレーンセミナーでやっていますドリルをやっているT島

コース上でも暇さえあればやっております

下の記事に

オンプレーンドリルどうしてシャフトを持ってやるのか?!

オンプレーンドリルをやるときに、シャフトを持ってやるのは、グリップの重さがある、オンプレーンドリルがやりやすいのです。ということは?

シャフトスタビライザーを使う(つまりカウンターバランスにすると・・・)

オンプレーンドリルがやりやすい=オンプレーンに振りやすいんじゃないのか?!というのが↑の記事です

ちょっと今回のラウンドでは更にオンプレーンに振りやすいスタビライザーの使い方を試してみました。シャフトスタビライザーは、グリップ全体を重くするという構造になっていますが、グリップエンド側の方がカウンターバランスになりやすいですよね?!

この◯の部分に重い重量があれば、オンプレーンドリルがやりやすいわけです。ってことは、ドライバーのシャフトを長くして、グリップを短く握ってこの◯の部分にガッツリ重量を配置するといいんじゃないか?!的な

これを入れてみました

パター用シャフトスタビライザー

30、50、70gのセット、70、90、110gのセット二種類あります。残念ながら重いセットをT島は持っていなかったので、手持ちの30g、50gを使って実験

今回は、T島のパターに入っていた50gのプロバランスパターキットを使ってみました

シャフトは46.5インチのAUGA G

これを目一杯短く握って、グリップエンドに50gのプロバランスパターキットを入れてみました

結論から言いましょう

すっごく良いんじゃない??

もともとプロバランスパターキットは、元祖シャフトスタビライザーだったんです。これをウッドなどに入れていたのですが、シャフトスタビライザーに進化したという歴史を持っています!

ウッドやアイアンに入れても何の問題もありません

ちと重さをいろいろと変えて実験してみたいなぁと思っています。

120gのウエイト入れてみたいなぁ・・・

プロバランスパターキットですが、もちろんパターにいれるととてもメリットがありますから、こちらを買ってみてドライバーに試しに入れてみたも面白いかと思います。

パターに入れると、テイクバックが引きやすくなります

イマドキのパターですが、ヘッド重量がかなり重くなっています。重いパターはゆっくりとヘッドを動かしやすいメリットがありますが、ヘッド重くなる=動かしにくくなるというデメリットもあります

動かしだす瞬間に力が必要なんですね

パター用シャフトスタビライザー↓クリック

ってことで、またレポートします

ではまた明日


ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↓クリック

 

 


2017年06月24日ウエッジ選びも、ミスショット基準で!!!

 

はい!こちらマーク金井”ここだけの話” ご好評いただいたようで、マーク金井も楽しかったようで、来週もやる?!という話になりまた来週もやりますよ

来週月曜日 6月26日21時から配信します

ライブ配信のみで録画はありません

ぜひご覧ください


木曜日のアメトークご覧になりました?!ゴルフ楽しい芸人特集でしたね

http://www.tv-asahi.co.jp/ametalk/backnumber/0796/

実は登場された方のお一人・・・

シャフトスタビライザー

analyze_ss_top (3)

を大量にご購入していただいたことがります。最近特に売れています。特にクラブがインパクトで寝てしまって、フックしてしまう人に効果がアリアリです。

ぜひこちらを↓クリック

嬉しくなっちゃいます。こういうテレビみるとゴルフしたくなりますねぇ〜

芸人さんもT島もゴルフが上手くなりたいと思う気持ちは変わりません。あー上手くなんないかなぁ〜

アナライズはゴルフの大好きな皆さんにずばり

上達して欲しい!

と思って上達に役に立つ練習器具やら、スコアアップに役に立つクラブを販売しております。そうそうセミナーだってそのためなんですね。

そうそう

7月のセミナー全て満席となりました!!

ありがとうございます。遠方の方はこちら

YouTubeでチェックして下さい。オンプレーンセミナー以外も配信していく予定です。このセミナーを観たゴルフ仲間が・・・

「私は、あんなに質問されるとやっぱり怖いかも」

なんて言ってました。そう思う人もいるのかな?!募集は大丈夫かな??と心配したのですが、いつもより早いペースで3日間で全て満席となりました。やはりこのYouTube効果なんでしょうかね?!

さてさて

T島のクラブの選び方ですが・・・

クラブ選びって何を基準に考えるか?!っていうと、自分の力量ですよね。ゴルファーってさぁ、どうしても自分の力量を過大評価してしまうもんですよね。コースマネジメントもナイスショットが出るもの !というナイスショット基準は、スコアメイクにはマイナスですよ・・とよくマーク金井がブログに書いてます。

T島も以前のブログに・・・

クラブ選びは自分の力量の見極めが大切!ベストスコア基準じゃなくて、その1年のワーストスコアを実力だと思って、クラブを選んだほうがいいですよ って書いたんですね。実はT島ですね。100を切ってすぐにマッスルバックを買いましたの。90切ったらクラブは本間なんて コピーに乗せられました?!(100を切ったら?だっけ??)

まあ苦労したような気がします(汗)

で・・・

ウエッジ選びですが、T島は練習場や出来れば芝の上からチェックしてほしいんですが

10球打って、一番寄らなかった距離がどれぐらいか?! ナイスアプローチとの差が大切

ここでチェックします。10球中9球が寄って、1球チャックリするなら。10球中10球ソコソコを選びます。

なんてことを友達に説明してたんですが、スカイAで放送してます

ゴルフギアクエスト

という番組で、カリスマクラブコーディネーターが鹿又芳典さんが似たようなことを言っておられました。(ちなみにこの番組で取り上げているハンドメイドウエッジよさそうですね)

この番組、スカイA好きのT島結構観ております。

「上手く打てたときは、何を打っても寄るもの、でも寄った時と、アッ!と言ったミスの時との差が少ないウエッジがスコアにつながるウエッジ」的な・・

そうだよねぇ。よかった・・

なんて安心したT島でした。鹿又芳典さんが同じようなこと言ってて

致命的なミスが出にくいのがコレ

アナライズmmウエッジです!! ←↑クリック

致命的なミス!0点が出にくいので、とっても安心して打てます。ミスしてもソコソコよってくれますよ

更にアプローチが苦手って人はこちら。ランニングアプローチが劇的に楽になる

マジックマリガンUT35

アプローチがとってもやさしくなりますよ

こちらですよ

ということで、是非参考にしてみてちょうだい

ではまた明日


ツアープロも使っているゴルフの竪琴

是非!!!ゴルフの竪琴をお求め下さい!!↓クリック

 

 


1 2 3 4 5 6 257